ハートガイ 「真心貝」 

どことなく心遣いを感じられる和名です。甲殻類アナジャコの腹面に共生する殻の長さ1cm程度の小型の二枚貝です。
アナジャコに付着した状態で見ると殻の形が心臓の形に似ていることから 「心臓型」(心臓=ハート・真心) と見たてて
この名前がつけられたようです。ハートガイという呼称は漢字表記に比べると近代的かつ直接的な表現の仕方のようです。


  平貝 「タイラギガイ」

二等辺三角形状の30cm以上になる平たい大型の食用貝。殻色は黒色で海底の泥部に三角の鋭角の方を下にして
立って棲息しているので漁師さんには 「タチガイ」 と呼ばれているようです。なるほど、殻の形よりは特徴を感じられますね。
また地方名には 「ターラゲー」 「タイラゲェ」 「テェラゲェ」 「タイラギャー」 と複数あり、訛っていることが多いらしいです。
個人的には 「タイラギャー」 がお気に入りです(笑)

貝柱はクリーム色の楕円系で直径4〜5cm程度、市場では 「タイラガイ」 という名で販売されているのを良く見かけます。


  バカガイ 「馬鹿貝」 

アサリ同様、潮干狩りでおなじみのポピュラーな貝。別名 「青柳」 ともいいます。剥き身を甘辛く煮て丼にする「青柳丼」に
使用されるのもこの貝です。青柳という名の由来は、昔は現在の千葉県市原市の事を ”上総青柳村” と呼んでおり
青柳村はこの馬鹿貝の産地だったことから 「青柳」 と名付けられたようです。国語辞典では岩川説を採用してあり

死んで赤い足を殻から出した姿が馬鹿が舌を出した姿

に似ていることから、この名前がついたようです。が、別の節もあり

容易に大量に収穫出来るものの不味でマジメに取り扱う価値がないから「馬鹿」だ

という説もあるらしい。青柳の生姜醤油煮や青柳丼って結構美味しいんだけどなぁ・・なんにしても失敬な名前である。


  ハマグリ 「蛤・文蛤・浜栗」

食用貝としてはアサリや帆立と並ぶ著名さで、貝殻に興味のあるないに限らず食生活において身近な貝のひとつです。
が、残念な事に近年生息地が次々と失われ、店頭販売される蛤の大半は シナハマグリ が断然多いという現状です。

「その形栗に似て海浜に棲むので浜栗という」 

というのが和名の始まりのようです。

また別節では 「 "クリ" とは小石を指し砂浜の中にある小石のようなのでハマグリ 」 とも言われているようです。
色彩・文様は様々ですが前者の説に従うのであれば和名の起こりは褐色の個体を見て命名されたと思われます。
また 「文蛤」 という名前は 「あやはまぐり」 と読み、文様のある個体を指して使われるようです。


  ヒオウギ 「桧扇」 

食用として養殖も行われており、殻の色は黄・橙・朱・赤・紫と殻を塗装したかのように美しい二枚貝です。
桧扇とは細長い桧の薄板を綴じ連ねて作った扇子の事を指します。貝の放射肋を扇子を開いた姿に擬えたのでしょう。
また場合によっては 「桧扇」 でなく 「緋扇」 と書かれているケース見うけられますが、この貝の代表色を緋色と見た
意味合いからきた表現とも取れます。よって大抵は当て字もしくは誤記といった判断をされることが多いようです。

余談ですが、管理人はこの貝の小さいものを手紙を収める封筒に忍ばせるのが好きです。


  コウホネガイ 「河骨貝」

骨なんて字が出てくると、ちょっと美しいイメージからは離れてしまうように思いますが筋目が美しい白い貝です。
コウホネガイの命名のルーツを辿ってみると、水草の一種である コウホネの葉に由来していそうです。水草の コウホネ は
スイレン科・多年草の植物ですが、これが川面に生えると根や茎が白骨のように見える事からコウホネと命名されたよう。
コウホネの葉は先端が鋭く尖っており基部も矢じり型に左右に分かれて尖っています。コウホネガイの特徴である殻頂が
膨れクルリと前方に巻き込み殻頂から後腹縁に向かって鋭い稜角のある特徴的な部分がコウホネの葉に喩えられて
この名前がついたと思われます。読み方としては濁らずに 「コウホネ」 と呼ぶほうが正解のようです。

類似種の 「セキトリコウホネ」 であればコレクションにありますので興味のある方はご覧下さいね。


  ネコジタザラ 「猫舌皿」 

名の如し、猫の舌のようにザラリとした質感を持つ、淡紅色の放射彩のある白い二枚貝です。殻の表面全体には細かい
「鱗状突起」 が密生して、それがこのザラリとした質感の秘密のようです。
猫舌という言葉は通常、猫が熱い食べ物を嫌って食べない様を熱い物が苦手な人に例えて使われますが、この貝に
対しては猫のザラリとした舌の質感をこの貝の鱗状突起の質感に喩えて名づけられたものと思われます。
どちらも猫の舌の説明としては間違ってないですね(笑) またラテン語の和訳にも (lingua=舌,felis=舌) とあり
この貝の学名である Scutarcopagia linguafelis というところとも一致しており、この名称になったようです。


  テンシノツバサ 「天使の翼」 

ニオガイ科に属する貝で白く長細い、ふっくらとした形の二枚貝。放射肋は30本前後あるようです。
両殻を拡げておいた形を天使の翼に見立ててこの和名が付いたようで、そのとおりに置いてみると なるほど、ふっくらとした
翼のように見え納得してしまいます。英名も同意味で ( Angel Wing ) とされており知名度は結構高い貝のようです。

これと類似したもので 「ペガサスの翼」 という、天使の翼よりはやや細めの貝があります。命名の由来も天使の翼同様
両殻を広げて置いた図がペガサスの背についた美しい翼のように見えることから、この名がついたようです。
天使の翼・ペガサスの翼 共に名前も形も美しい貝で命名した人は、さぞやロマンチックな方だったんだろうと思われます。


  ニオガイ 「鳰貝」 

潮間帯の水成岩などに穿孔する白色の二枚貝で形状としては1つ上の天使の翼・ペガサスの翼と類似しています。
「鳰(ニオ)」とは湖や沼、河川に棲む鳥 「カイツブリ」 の古名の事です。この貝の前方の尖っている部分をカイツブリの嘴
に喩えて水面を遊弋するカイツブリを連想し、この名前がつけられたのではないか思われます。
が、どうもカイツブリには喩えがたく・・カイツブリに見ようと努力が必要なのは私がビギナーだからでしょうか・・(苦笑)


  チリボタン 「散り牡丹」 

和的な可愛い名前です。貝自体は不規則な形で一応二枚貝に入るようです。ビーチコミングしていると良く見かけます。
この貝は殻の右側 (どういうポジションを基準に右としているのかは謎) で岩に付着固定するため砂浜に落ちてる場合は
左側部分の殻とされる方が多いようです。大きさは数mm 〜 2cm弱で丸っこいものが多いように思います。乱雑に扱えば
「カリン」 と音を立てて割れてしまいそうな、薄く赤いチリメンのような質感というのが近い表現でしょうか・・
ここまで書けば由来はなんとなくおわかりだと思われますが、波打ち際に落ちている赤い殻を散り落ちた牡丹の花弁に
喩えた和名だということで実に納得のネーミングです。